プロフィール

猫科とらねこ

Author:猫科とらねこ
書物と猫とリラックマに取り憑かれております
腐女子です(*´ェ`*)

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リラックマ
リラックマ
素材えらび

『ロボット・イン・ザ・ガーデン 』  デボラ・インストール

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロボット・イン・ザ・ガーデン [ デボラ・インストール ]
価格:918円(税込、送料無料) (2017/3/22時点)


抱きしめたいほど切なくかわいい友情物語!

2016年ベルリン国際映画祭で「映画化したい一冊」に選ばれた、抱きしめたいほどかわいくて切ない友情物語!
AI(人工知能)の開発が進み、家事や仕事に従事するアンドロイドが日々モデルチェンジする、近未来のイギリス南部の村。法廷弁護士としてバリバリ働く妻エイミーとは対照的に、仕事も家事もせず親から譲り受けた家で漫然と過ごす34歳のベン。エイミーはそんな夫に苛立ち、夫婦はもはや崩壊寸前。
ある朝、ベンは自宅の庭で壊れかけのロボットのタングを見つける。「四角い胴体に四角い頭」という、あまりにもレトロな風体のタング。けれど巷に溢れるアンドロイドにはない「何か」をタングに感じたベンは、彼を直してやるため、作り主を探そうとアメリカに向かう。そこから、中年ダメ男と時代遅れのロボットの珍道中が始まった……。
「とにかくタングがかわいい!」と世界中の読者を虜にしている、抱きしめたいほど切ない物語。

★★★☆☆
ロボットってやっぱり好きです


突然庭に現れたポンコツロボットちゃん、かわいいです
未熟だけど、あきらかに高性能ぽいし!

と、ロボットちゃんの故障を直す旅に出るわけです


未熟だけどかわいいロボットと超絶ダメ男の旅なんだけど、男がだめだめすぎて素直におもしろがれなかったよー(゜ロ゜)!!


まず、親の遺産(金持ちだったらしい)で暮らしてて一回も働いた事がないらしい、獣医の勉強をやってたけど研修がうまくいかずにニート。
そいでもって家事は奥さんがやってる…。
最悪すぎる…

嫁もトゲがありまくりだが確かに仕事から帰ってきてこのダメ男のお世話をしなきゃいけないんじゃキレルのもわかる。
だが、この男、ベンの性格は悪いやつじゃないんだ、いいひとなんだけどやっぱダメすぎるよー(;´ρ`)
せめて過去に頑張って働いて人財産築いたけど色々事情があってドロップアウトくらいの設定が良かったです…



旅の費用も親の金、家具も、車も親の金でポンポンポン、なんだろう…ありがたみ0なんですけどー


とまあ、ベンのダメ男ぶりは凄まじかったです。
でもロボットちゃんは「やだやだ」って子供みたいでかわいかったですよ。
「やだ」ってセリフいいよね。自我の芽生えだもの(*´ェ`*)


関連記事
スポンサーサイト

『大あくびして、猫の恋 猫の手屋繁盛記』 かたやま 和華

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大あくびして、猫の恋 猫の手屋繁盛記 [ かたやま 和華 ]
価格:594円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)


ひょんなことから白猫となった旗本の跡取り・宗太郎は、善行を積めば人の姿に戻れると信じ、裏長屋で「猫の手」を貸すよろず請け負い稼業を営んでいる。忍法ならぬ「にゃん法」の秘密を探ったり、猫の駕籠かきと遭遇したり。そんな宗太郎の前に人の姿だった頃の許嫁がやって来てー。それがしは猫ではにゃい。風体はもののけでも、心はもののふ。大人気あやかし時代小説、猫の手屋繁盛記シリーズ。

【目次】(「BOOK」データベースより)
にゃこうど/奇妙奇天烈な白猫姿の宗太郎が、語る/男坂女坂

★★★☆☆
今回は恋物語が多かった


相変わらず人型サイズの猫!こわいです!
だがかわいい猫を想像して補完。


猫ってやっぱり宇宙壱かわいくて完璧な生物だよな~
なんなんだろう、神様の最高傑作だ、ほんと奇跡。
見た目だけならかわいい動物って結構いるけど、猫は見た目だけじゃなくて体の匂いとか、しなやかな体の柔らかさとか、性格が素晴らしすぎる!ほんと至高の生物!


っと脱線しましたが!



今回は宗太郎の許婚が出てきて、物凄い美人だそうでなによりです。美しいは正義!
猫が宗太郎ってばれても全然おkぽいし、本当は気づいてない?気づいてるでしょ!


そして宗太郎のパパがあの有名人ぽいって読書メーターのほかの方のコメントで気づきました(゜ロ゜)!!
それまで普通にスルーしてたよ!なんで気づかなかったんでしょう!



今後が楽しみです。

関連記事

『ファイアスターター上下巻』 スティーブン キング



★★★★★
やっぱキングは凄いわ


宮部みゆきのクロスファイアがおもしろかったので、それの元ネタのこちらを読んだ。
クロスファイアもかなりおもしろかったけど、本家はやっぱキングらしい執拗さが発揮されててさすがだった。


キングの作品はおもしろいんだけど、やっぱ原文で読めないから訳者さんによって取っ付きづらかったりとかあってアレなんだけど、今回は気にならなかったかな。ただフィートとかマイルとかメートル法に直して(ノ∀`)



前読んだ「IT」読むのに2週間くらいかかってそれに懲りてキングは読んでなかったので久々です!結果良かった!懲りずにまた他の作品も読みたい。




チャーリーのパイロキネシス能力が半端ない!限界はどこにあるんだろうね、しかしこの能力は全くうらやましくないぞー!
火はやっぱあぶないっすよ!

パパの押す能力が凄い!しかも押すっていう表現がかっこいいじゃないか!宮部みゆきが真似したくなる気持ちもわかる
押した人間の精神が崩壊する過程もよくわかった


能力者の悲劇を書くのがキングは本当にうまい
力があるのに常人たちに苦しめられてくやしいったらない!皆殺しにしたればいい!って何度も思った。


おもしろかったです。
懲りずにまたキング祭りだ!
関連記事

『怪談のテープ起こし 』 三津田信三

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

怪談のテープ起こし [ 三津田信三 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/3/10時点)


恐怖は全て、日常にひそむ。

「自殺する間際に、家族や友人や世間に向けて、カセットテープにメッセージを吹き込む人が、たまにいる。それを集めて原稿に起こせればと、俺は考えている」。
作家になる前の編集者時代、三津田信三は、ライターの吉柳から面白い企画を提案された。ところが突然、吉柳は失踪し、三津田のもとに三人分のテープ起こし原稿が届く。死ぬ間際の人間の声が聞こえるーー<死人のテープ起こし>。
自殺する者は何を語るのか。老人の、夢とも現実ともつかぬ不気味な昔話の真相は。怪女「黄雨女」とは一体ーー。全六編、戦慄のテープ起こしがいま、始まる。


【目次】(「BOOK」データベースより)
死人のテープ起こし/留守番の夜/集まった四人/屍と寝るな/黄雨女/すれちがうもの

★★★★☆
安定の三津田ホラー(*´ェ`*)


安心して怖がれる安定の三津田さん。

ノンフィクションぽい語りが流行ってるのかしらね?ほんとっぽくていいですw



どの話もどこかでよく聞くような話なんだけど、おもしろかった。
全部オチが投げっぱなしでモヤモヤするんだけど、それが気になって逆に怖かった。


自殺者のテープの話とかもっと読んでたかった、テープに出てくる女って結局誰よ!怖いんですけどー!


行方不明者続出だし、心配しちゃいます。



やっぱホラー好きだわ!と再確認しました。
もっともっともっともーっと怖がりたいよー!夜中トイレに行けなくなる本が読みたい。
関連記事

『代体』 山田宗樹

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

代体 [ 山田宗樹 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/3/5時点)


近未来、日本。そこでは人びとの意識を取り出し、移転させる技術が発達。大病や大けがをした人間の意識を、一時的に「代体」と呼ばれる「器」に移し、日常生活に支障をきたさないようにすることがビジネスとなっていた。
大手代体メーカー、タカサキメディカルに勤める八田は、最新鋭の代体を医療機関に売り込む営業マン。今日も病院を営業のためにまわっていた。そんな中、自身が担当した患者(代体を使用中)が行方不明になり、無残な姿で発見される。残される大きな謎と汚れた「代体」。そこから警察、法務省、内務省、医療メーカー、研究者……そして患者や医師の利権や悪意が絡む、壮大な陰謀が動き出す。意識はどこに宿るのか、肉体は本当に自分のものなのか、そもそも意識とは何なのか……。科学と欲が倫理を凌駕する世界で、葛藤にまみれた男と女の壮大な戦いが始まる!
★★★★☆
そのうち出来なくも無さそう(゜ロ゜)!!



意識をデータ化するってそのうち出来そうじゃない!?
そのうちって言ってももちろん100年後~とかだけど!
ワクワクしちゃうわね!


ってわけで結構おもしろかったけど、代体の耐久時間がすこぶる短期間なのでまだまだ発展途上だわね、一ヶ月単位で使い捨てって生殺しもいいところじゃないかー!
代体が出来てから日が浅いので色々と低スペックだけど、それでいいのかもな、あんまりハイスッペクで容姿も完璧な代体だったら肉体なんていらなくなっちゃうものね。



と、まあ機械に意識を転送なんて危なっかしすぎて実際危ないほころびがボロボロ噴出しまくり最後の方は展開がグローバルすぎて想像できなくなったw

しかし、宇宙的ビックバン規模の話をしてるのに結局ママかよ!と色々安心しました。
やっぱり哺乳類はママが好きなのね(*´ェ`*)

関連記事

『入らずの森』 宇佐美まこと

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

入らずの森 [ 宇佐美まこと ]
価格:720円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)


陰惨な歴史が残る四国山中の集落・尾峨に赴任した中学教師・金沢には、競技中の事故で陸上を諦めた疵があった。彼の教え子になった金髪の転校生・杏奈には、田舎を嫌う根深い鬱屈が。一方、疎外感に苛まれるIターン就農者・松岡は、そんな杏奈を苦々しく見ていた。一見、無関係な三人。だが、彼らが平家の落人伝説も残る不入森で交錯した時、地の底で何かが蠢き始める…。ホラーの俊英が、ミステリ要素満載で贈るダーク・ファンタジー。
★★★☆☆
もう一息!


本の帯に京極夏彦先生の推薦文がついてたので、ワクワク期待して読んだんだよ~、ホラー好きだし!
結果、うーむ、普通だった。

 
なんだろー、僕が求める理想が高すぎるんだろうか…、最近これだー!っていうホラーにめぐり合えてない気がする…
ホラー好きなんだ…好きだからこそどうしても普通異常におもしろい作品を期待しちゃう!


森にいる何かがゾワゾワって感じなんだがイマイチうーむ、登場人達の行動が強引すぎるし、普通は確信を持てずに放置してどんどん悪化してとりかえしがつかなくなるってのが人間らしさだと思うのに、たいした根拠もなく直感でそうに違いない!って当たりのルートを突き進む主人公たちに違和感が(_ _|||)

そりゃ俯瞰で読んでる読者には当たりルートはすぐわかるんだけど、君たち登場人物にはそんな直感で行動きるほど情報ないだろとケチをつけたくなる(;´ρ`)



それでもリタイヤしたおじさんが憧れの農村生活をはじめたのに、村になじめずどんどん鬱になっていく話は凄くありえそうでおもしろかった!
ホラーとかじゃなくてひたすらこのおじさんの話でもおもしろかったかも。





関連記事

『バチカン奇跡調査官(ソロモンの末裔)』 藤木稟

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バチカン奇跡調査官(ソロモンの末裔) [ 藤木稟 ]
価格:777円(税込、送料無料) (2017/2/28時点)


平賀とロベルトのもとにエチオピアから奇跡調査の依頼が入る。はるか昔、ソロモン王とシェバの女王の子が持ち帰ったという『契約の箱』。その上空に、巨大な炎の剣と天使の姿が浮かび上がったというのだ。早速現地に向かうが、箱は聖職者の兄と弟に持ち出され行方不明になっていた。さらに兄弟を追う平賀らの行く手には、想像を絶する過酷な状況が待ち受けていてー。2人に生命の危機が迫る、天才神父コンビの事件簿、第11弾!
★★★★★
ロベルトがとうとう平賀に告白!(*´ェ`*)


相変わらず聖書の解釈やらなんやらは全然頭に入ってこなくただ字をなめているだけ(ノ∀`)


そんなこんなだったが今回は平賀とロベルトが砂漠でサバイバル!
昔読んだ「マスターキートン」のマンガでも似たようなシチュエーションの回があったのを思い出したw


マンガの主人公平賀=キートン・太一!名前も似とる!
生き延びる作戦もちょっとマスターキートンに似てたし!まあ砂漠で出来る事が限られてるからアレだけどw
絶対作者もこのマンガ読んだだろ! ってわけで勝手にテンションがあがって楽しかった。

そしてそして、サバイバル中に遺言的な意味でロベルトが平賀に告白!これはもう絶対愛の告白でしょ!
普通、男の同僚にこんな事言わないぜ!

まあロベルトの気持ちもわかる、優秀なだけじゃなく美しく聡明でなんといっても想像を絶する心の綺麗さ!
貴重な水を錯乱したおっさんが飲みまくっても怒るどころかどうぞ飲んでください、なんて神対応(゜ロ゜)!!あんた人間じゃないよ!天使だよ!これは惚れるよな~。平賀ってほんとすごいのねと再確認しました。


二人とも超絶優秀すぎて凄すぎるの一言でした。
こんな人現実に10000000%いない!小説っていいよね~(ノ∀`♥)

関連記事

『バチカン奇跡調査官(悪魔達の宴)』  藤木稟

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バチカン奇跡調査官(悪魔達の宴) [ 藤木稟 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2017/2/23時点)


悪魔祓いの補佐としてドイツに赴いたロベルトは、“悪魔憑き”とされる少女の凄絶な変貌ぶりを目にして戦慄する。一方、ニュルンベルク駅では連日決まった時刻に人が死ぬ連続不審死事件が発生。その後、街のいたるところで“悪魔”の目撃情報が報告され、住民の不安が募っていく。調査に合流した平賀は驚愕の方法で“悪魔”の正体を突きとめるがー!一連の事件から導かれた恐ろしい事実とは!?天才神父コンビの事件簿、第10弾。
★★★★☆
やっぱりBL臭がムンムンでイイ!


今回の謎は悪魔憑きでござる。
僕的に悪魔憑きって映画のエクソシストのイメージしかなくて怖いというよりギャクっぽいというか、ウソだろw的なノリなのです
なわけで少女がそんな風になっても、うーむイカレテルwとしか思えぬ。ロベルトには悪いがエクソシストとかうさんくさいと思ってしまう(*ノノ)


今回、別行動だった平賀が合流してからはアップテンポで良かった。
悪魔を外科的に手術とかレントゲンとか平賀君の天然ぶりはサイコー。
悪魔を飼育観察までするという萌えイベントつきだし(*´ェ`*)



平賀はやっぱ、いいキャラしてるよなー
そして甲斐甲斐しく世話をやくロベルトとお似合いだし!


謎も割りと現実での許容範囲内でアリでした!
僕らもすでに実験対象にされてるかもな~なんてね、怖いなと思ったよ。


関連記事

『鳩笛草』 宮部 みゆき

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鳩笛草 [ 宮部みゆき ]
価格:699円(税込、送料無料) (2017/2/19時点)


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
亡き両親が残したビデオを見た智子は、かつて自分に特殊な力があったことを知る(「朽ちてゆくまで」)。わたしは凶器になれるー。念じただけで人や物を発火させる能力を持つ淳子は、妹を惨殺された過去を持つ男に、報復の協力を申し出る(「燔祭」)。他人の心が読める刑事・貴子は、試練に直面し、刑事としての自分の資質を疑ってゆく(「鳩笛草」)。超能力を持つ三人の女性をめぐる三つの物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)
朽ちてゆくまで/燔祭/鳩笛草

★★★★★
やっぱり宮部みゆきは凄いなあ


クロスファイアがとっても好みだったので、淳子のエピソードが載ってるとの事で読んでみました。



淳子のじゃないエピソードのお話もとっても良かった。

一話目のビデオテープの日付とラベルの謎がわかったときは、「うおっっ」てなったし、超能力があって凄いサイコーとはならないところが宮部みゆきらしいというか、とっても良いです。これってスティーブンキングの影響なのかしら?

キングの小説は読みづらいけどやっぱり凄いなー、懲りずにまたキングの小説読みたくなってきたじぇ。



そして待ってました!淳子のお話!
多田君目線のお話なんだけど、予想通り多田にイライラしっぱなし!マアこうなるのは想定内です。

復讐するって決意したのに尻込みするチキン野郎!
所詮兄妹の絆なんてその程度、これが親子だったら絶対復讐を成し遂げたはず。

淳子の苦悩が切ない、悪いのは多田です、淳子は間違ってない!
多田のせいで淳子の苦悩が増し増しで可哀想(*´;ェ;`*)


淳子ちゃんのお話が読めてよかったです。
関連記事

『十二人の死にたい子どもたち 』 冲方 丁

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

十二人の死にたい子どもたち [ 冲方 丁 ]
価格:1674円(税込、送料無料) (2017/2/19時点)


廃業した病院にやってくる、十二人の子どもたち。建物に入り、金庫を開けると、中には1から12までの数字が並べられている。この場へ集う十二人は、一人ずつこの数字を手にする決まりだった。初対面同士の子どもたちの目的は、みんなで安楽死をすること。病院の一室で、すぐにそれは実行されるはずだった。しかし、十二人が集まった部屋のベッドにはすでに一人の少年が横たわっていた。彼は一体何者なのか、誰かが彼を殺したのではないか。このまま計画を実行してもいいのか。この集いの原則「全員一致」にのっとり、十二人の子どもたちは多数決を取ろうとする。俊英・冲方丁がデビュー20年目にしてはじめて書く、現代長編ミステリー!性格も価値観も環境も違う十二人がぶつけ合う、それぞれの死にたい理由。彼らが出す結論はー。
★★★☆☆
やっぱりそうなるよね!


タイトルが良い感じだったので期待して読んだ。
まあ期待しちゃダメだよねって毎回思うんだけど読んじゃうのよ!


死にたい子どもが12人って時点でどうせ自殺ごっこだろ~と舐めてかかってまして、まあ結局結果はアレなんですけど、それでも読後感は悪く無かったです、むしろ良かった。


やっぱね若いってのはそれだけでとんでもなく凄い価値があるのよ、若いときは気づかないけど。
年取ると如何に若いのが凄い事かわかる。
どんなに貧乏でもなんでも若い肉体ってのは凄いよ!
だからまあ死ぬのは勿体無いんだよな~って年取った目線では思う。


年とらないとその気持ちは理解できないだろうけどね(;´ρ`)
中年、老人になったら確かに死んだほうがいいと思うってケースも洒落にならん確立で跳ね上がります、せつないね(_ _|||)


まあ頑張ってくれ。
関連記事
検索フォーム
猫ちぐら
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
ブログ村
読書メーターはじめた(*´ェ`*)
猫科とらねこさんの読書メーター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
まいぶーむ(*´I`)ノ
リラックマ
コリラックマ
リラックマ
QRコード
QR