プロフィール

猫科とらねこ

Author:猫科とらねこ
書物と猫とリラックマに取り憑かれております
腐女子です(*´ェ`*)

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リラックマ
リラックマ
素材えらび

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『伊藤計劃トリビュート』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

伊藤計劃トリビュート (ハヤカワ文庫) [ 早川書房 ]
価格:1231円(税込、送料無料) (2017/6/8時点)


伊藤計劃が2009年にこの世を去ってから早くも6年。彼が『虐殺器官』『ハーモニー』などで残した鮮烈なヴィジョンは、いまや数多くの作家によって継承・凌駕されようとしている。伊藤計劃と同世代の長谷敏司、藤井太洋から、まさにその影響を受けた20代の新鋭たる柴田勝家、吉上亮まで、8作家による超巨大書き下ろしアンソロジー。

【目次】(「BOOK」データベースより)
公正的戦闘規範(藤井太洋)/仮想の在処(伏見完)/南十字星(柴田勝家)/未明の晩饗(吉上亮)/にんげんのくに Le Milieu Humain(仁木稔)/ノット・ワンダフル・ワールズ(王城夕紀)/フランケンシュタイン三原則、あるいは屍者の簒奪(伴名練)/怠惰の大罪(長谷敏司)

★★★☆☆
好みと苦手が半々だった



トリビュート作品なんていったら手放しで褒めなきゃいけないプレッシャーを感じますが、それはそれです。

僕はsfが好きかと思ってたんだけど、結構読みづらくてしんどい作品もあった。
sf好きじゃないのかもと不安になったよ(_ _|||)



雰囲気がよかったのは「未明の晩餐」。腕のいい料理ってのはやっぱかっこいいね~!しかも女だし!
死刑囚の人権とかわけわからないですが、おもしろかったです。


あと「ノット・ワンダフル・ワールズ」も近未来ぽくてよかった。
ほんとの黒幕は確かに名乗り出たりしないものです。
静かなターミネーターぽくてリアルだった。

スポンサーサイト

次へ

非公開コメント

検索フォーム
猫ちぐら
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
リンク
ブログ村
読書メーターはじめた(*´ェ`*)
猫科とらねこさんの読書メーター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

月別アーカイブ
まいぶーむ(*´I`)ノ
リラックマ
コリラックマ
リラックマ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。